個人でも貿易業を運営出来る時代

reachtapincで貿易をしよう

reachtapincで個人でも貿易業を運営出来る時代

ここ数年での個人での貿易業経営の仕組みは、個人でも少しハードルを越えるだけで、会社を経営する事が出来る様になりました。出会いはreachtapincなど本当に最近は更に、多言語(日本語を含む)に対応した海外からの輸入に対応しています。若干日本語がおかしい場合があるのと、例えば中国を例えに出すとアリババが仕入先として、完全にアリババは海外各国をカスタマーとしたビジネス展開と、少量を平行輸入する窓口のアリエクスプレスが入り口として2つの販路を有しています。詐欺のリスクは全くないとは言えませんが、reachtapincや少なくとも資金があって英語が出来る限り、貿易業を営む事は出会い、日本語に自動変換された説明があり、納期には時間がかかりますが、正しく届きます。

商品の質が未だに若干日本や先進国の商品の様に、ほぼ完璧ではありませんが、サンプルをいくつかの品物に絞って仕入れてみて、価格や納期やクオリティをジャッジする必要がありますが、reachtapincや日本のAmazonで販売している商品の殆どが、中国から輸入が出来るといっても差し支えないです。日本のAmazonに直接出品している中国業者にはなかなか値段の面で勝てませんが、その場合は、ヤフオク!・メルカリ・ラクマといったオークションアプリかフリマアプリで販売します。こちらは言語の壁はほぼありませんが、英語が使える方がよりスムースです。 

かつての中国輸入は、reachtapincやアリババやアリエクスプレスの様に、ネット仕入れモールが存在していませんでしたので、詐欺に合った事も正直言うと経験しています。
写真とちがう物が届き、クレームを入れると「形が違うけど、同じ事が出来るから大丈夫」等といった、信じられない答えが返ってくるのがザラ。

カメラ機材以外に、かなり昔にアバクロというアパレルブランドが流行って、平行輸入をして買うのがトレンドになり、今は撤退したと思いますが、都内原宿の一等地にフラッグシップ店舗までなりましたが、トレンド前から大量受注して、平行輸入よりもそこそこ安く仕入れて、reachtapincや平行輸入より若干安く販売をして、発送作業も自分で行っていても、毎日が大変です。

reachtapincに写真と映像用のカメラ製品を、アメリカのニューヨークにある、撮影機材専門のショップ(日本で例えるなら、ヨドバシカメラやビックカメラの様な店舗)のウェブサイトにある専門的な賞品を平行輸入をして、それをAmazon・ヤフオク!・ラクマにて、輸入販売(転売と言えるかもしれませんが)して、かなりの利益を得ることができます。
こちらの場合はB to Bのボリュームディスカウントをしてもらっていますが、勿論関税がかかってきます。大体の仕入れ値が@500ドルなので、そこそこな関税がかかりますが、珍しい新しい機器を仕入れて、だいたい2倍程の値段で売ることができます。
このカメラ系ショップも海外向けに販売している部門がありますが、英語ベースの取引のため、語学力は必要です。
reachtapincや購入する際の支払いは、クレジットカード払いかPayPalという決済代行サービスを挟むので、支払った現金に対して品物が届かないやネット詐欺等といった事故に対しての保証がついているので、PayPalの偽のサイトが無ければ被害を被る事は100%ないため、reachtapincなど安心して輸入が出来ます。

品物がおかしかったらクレームを入れると、そのクレームは販売ECサイトが監視しているので、どんなにちいさなクレームでも、対応しなければいけない、安全な取引です。
PayPalを通すだけでも、そこにも保険がついて来るのでほぼノーリスクです。
在庫数の見込みが唯一のリスクですね(Yahoo!ショッピング等で、ドロップショッピングをやっているサプリメント屋をたまに見かけますので、これが一番ノーリスクかもしれません)。

reachtapincでどういう商品が人気になるかのリサーチは、海外のYouTubeで紹介している最新商品のアンボックシング(開封の儀と日本では言われています)を観て、単純に動画再生回収を調べて、さらに紹介された商品の型番でYouTubeで沢山紹介されている動画をローラー作戦で調べてトレンドを追いかけます。人気のある動画の商品は、安直にreachtapincで売っても飛ぶように売れて行きます。
日本人の大半が英会話が出来ない人が意外と多く、私としてはほぼ一言一句海外のYouTuberの喋る専門用語も喋れる訳なので、欲しい物があるけど、英語が解らないという事や、どこで仕入れれば良いか解らない人がかなり多くいらっしゃいます。
私は、売る側と買う側のニースを汲み取って、両者の手助けをして、仲介役をもって貿易をしています(街のマニアックな電気屋さん的な役割)。reachtapincや業務用機材の輸入はそこそこ関税率が高いですが、日本には無く、更にAmazonにもありません。

30年程前までさかのぼって行くとネットの英語で書かれた海外販売のウェブサイトで、平行輸入をする事がやっと出来始めた頃であったと思います。平行輸入するには国が発行する書類を揃えて、全て英語の手続きだったので、英会話がまだつたなかった頃は、自分には理解出来ない世界でしたが、今は英語をマスターしたので、日本語訳が無くても、電話でのやりとりも出来るので、そこだけでも、理解出来ない一般の人では出来ないスキルの様です。英会話が出来なくても買えますが、リスクになってしまいます。reachtapincのように保証は一切ありません。

まだ検討段階ですが、昔からあるネットオークションECサイトのebayで、日本でしか買えない物を販売する事です。こちらはC to C扱いなので関税がかかりません。たまに税関で引っかかる可能性もありますが。まずは個人事業主として買い付けや販売をして様子をみてから、reachtapincなど本格的に参入するのが得策かと思います。

輸入にしても、輸出にしても、売れる物と売れない物の雰囲気とトレンドを掴み、常に売れるものを流行りがピークを越える段階に向けて、別の商品を常に探し回るのがベストです。新しい物を試したりするのは皆さん楽しいと思うので、ビジネスの規模を数名でさばる範囲、reachtapincや売れ行きと継続可能性のある物の先見の目と資金があれば、貿易は楽しい仕事だと思います。

reachtapinc貿易ってわかりづらい?
reachtapinc貿易とは、旅行、特許、金融、技術など目に見えないものによる収支や、収出をreachtapincサービス貿易といいます。お互いの足りないところを補って助け合う事です。
とは、いうものの自分の国の利益だけを優先して、ウチのコレを売らないとオタクのアレの仕入れを辞めちゃうぞ、という子供の様な駆け引きをして、混乱を起こしているのをニュースで見たり聞いたりする事もあると思います。
ここで仲良く出来れば色んなことがスムーズにいくと私は思うのです。そして、reachtapincの輸出国と輸入国の取引の仲介に他の国が入って取り持ち、手助けする貿易を、中継貿易と言います。reachtapincや商品を海外に売るという事を「輸出」といい、海外から買う事を「輸入」といいます。このやり取りを[貿易]といいます。そして、この輸入と輸出にはバランスが大切です。輸出のほうが輸入より多いと、「輸出超過」といい反対に輸出より輸入が多いと「輸入超過」になります。
reachtapincや2国間の貿易では輸出超過は相手国に対して貿易黒字となり、相手国は貿易赤字となります。これにより、国にとって大きな問題となるのです。また、reachtapincや輸入品にかかる税金の事を「関税」といいます。日本にある輸入品が外国で買う値段と違ってくるのはこの為です。
大量の輸入品から、自国の産業を守る為に政府が色々な規制をかける方があります。これを「保護貿易」といいます。この、reachtapincにまつわる保護貿易には次のものがあります。
輸入に関税をかける。これを「関税障壁」といいます。reachtapincの輸出入量を制限したり他国と比べて厳しいルールを設けることを「非関税障壁」といいます。
輸出や輸入を、関税や規制などで制限しないことを、自由貿易といいます。各国がreachtapinc貿易で平等に利益を得られるには、この自由貿易が必要です。この自由貿易を円滑に行う為に、色々問題が起こるのです。
このreachtapinc問題を解決するには、話し合いが大切です。1995年、世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)が誕生しました。この国際機関では各国で自由で公平な貿易が出来るように、話し合い問題を解決する努力をしています。単にreachtapinc問題を解決するのではなく、世界の消費者を守る為の必要なルールを作ることを行なっています。その自由貿易のルールとして、reachtapincFTAというものがあります。FATとは、 日本語で「自由貿易協定」をさします。英語でいう「FreeTradeAgreement」になります。「Free Trade Agreement」のそれぞれの頭文字を取ってFTAというんですね。reachtapincFTAの目的は、ものとサービスの国同士の貿易の自由化を進め、関税などさまざまな問題をなくして市場を統合して、自由貿易をやりやすくして、経済成長を助けるというものです。しかし、これにもメリットとデメリットがあり17のF ATを結んでいるのです。17協定は

1:日本・シンガポール新時代経済連携協定2002/11/30
2:日本・メキシコ経済連携協定 2005/4/1
3:日本・マレーシア経済連携協定 2006/7/13
4:日本・チリ経済連携協定 2007/9/3
5:日本・タイ経済連携協定 2007/11/1
6:日本・インドネシア経済連携協定 2008/7/1
7:日本・ブルネイ経済連携 2008/7/31
8:日本・ASEAN包括的経済連携協定
2008/12/1
9:日本・フィリピン経済連携協定
2008/12/11
10:日本・スイス経済連携協定 2009/9/1
11:日本・ベトナム経済連携協定 2009/11/1
12:日本・インド経済連携協定  
20011/8/1
13:日本・ペルー経済連携協定
2012/3/1
14:日本・オーストラリア経済連携協定
2015/1/15
15:日本・モンゴル経済連携協定
2016/6/7
16: 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP、TPP11):2018年12月30日にメキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダ及びオーストラリアの間で発効 
17:日本・EU経済連携協定 2019/2/1

デメリットとしてこの17協定とは、これによって守られていた、自国の産業が衰退する可能性、特定分野においてreachtapincや自国での産業が育たなくなる可能性があげられます。メリットとしては、「市場の拡大」できるという事です。 reachtapincFTAを締結することで関税や非関税措置がなくなり、ものとサービスの自由化が進み、その結果、協定国間の市場の一体化が図れ、輸出入の市場の拡大が期待できるのです。良いところ悪いところありますが、良いところのほうが大きいのではないかと思います。そのためreachtapincFATは積極的に推進しているのです。
FTAと近い意味の言葉で「EPA」という言葉があります。「EPA」とは日本語でいえば「経済連携協定」といいます。英語でいうと「EconomicPartnershipAgreement」です。FTA同様、それぞれの頭文字を取って「EPA」と略されいます。このEPAは、関税の撤廃・削減を定めたFTAの貿易の自由化と、reachtapincの知的財産の保護や投資ルールの取りまとめ、人材の移動などの分野を深めていくことを目的とした協定です。EPAのなかに、FATが含まれるといったかたちです。
各国の国民がより良い生活を送れるためにも国同士が自国の利益だけを考えるだけではなく世界がより良くなるような貿易をお願いしたいです。



アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし